忍者ブログ

NEW イグジスト 入荷しました。

2015/02/07  カテゴリー/ロッド・リール




NEW イグジスト 1025

限界の先に挑み続けるフラッグシップ

2005年ダイワのスピニングリールのフラッグシップ『EXIST』は産声をあげた。当時最新のコンセプトREAL FOURを搭載し、軽量そして非常にシルキーな回転を実現したEXISTは機能面もさることながら、エコパッケージを採用するといったフラッグシップモデルが背負うべき、会社としての哲学、コンセプトも大きく反映したものであった。フラッグシップの名称変更という、メーカーとして大きな選択をする裏には当時のスタッフの並々ならぬ意気込みがあった。そしてその熱意と努力が徐々に、しかし確実にEXISTのフラッグシップとしての地位を固めていくのである。そして、2012年。EXISTはマグシールドを搭載し全面リニューアルをする。前年に発表されたメインシャフト部のマグシールドはもちろん、長年課題としてきたラインローラー部にもマグシールドを搭載。ラインローラーボールベアリングのトラブルは、これによって撲滅されたといっても良い。まさに、最新機能の集大成と言えた。2015年、EXISTはさらに進化する。メインシャフト・ラインローラーの他に、マグシールドボールベアリングをドライブギヤー両端に設置。そして、新ドラグシステム「ATD」を搭載。その上で随所に見られる機能の先鋭化がフォルムの美しさとなって結実する。フラッグシップを持つ喜び、アングラーを高揚させる力がこのリールには備わっている。


ATD
滑らかに滑り出し、魚の引きに追従しながら効き続けるニューコンセプトドラグ。従来の『糸切れ防止装置』としてのドラグから脱却し、積極的にドラグを活用し、速く・バラさずに魚を獲るために開発された。
特徴は、
1:従来よりも滑り出しがスムーズ=ラインブレイクしにくい
2:ドラグの効きが柔らかい=魚に違和感を与えにくく、無駄に暴れられることを防ぐ
3:作動感に独特のネバリがある=低いドラグ設定値でも一気に走られることが減り、ファイト中のドラグ調整の頻度が減る。また、魚に常に抵抗を掛け続けることができ、走ってもすぐとまる。
つまり、『ファイト中のドラグ調整が減り、ラインブレイクを防ぎながら魚を速く獲り込むことができる』ドラグといえる。

拍手[0回]

PR

この記事へのコメント

コメントを書く

文字色
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字